そんなに大きな体格の女性でなくて、細身の人でもバストが豊かな人がいらっしゃいます。

バストをアップさせるにも、ただ女性ホルモンだけが関係するわけでもないと知りました。
成長ホルモンというものが、身体の全体に作用するという事が、バストと関係することなどあります。

バストをを大きくしたいならば、筋肉の成長に欠かす事ができない成長ホルモンが必ず必要となるわけです。

小さなバストを大きくしたいと思う人は、身体は全身と繋がっていることから、身体を健康な状態とすることも一つの方法です。
女性ホルモンと言われるものは、バストアップに必ず必要なものです。
このホルモンの大きな敵となるものは、ストレスと言われています。

胸の成長には、生物学的に言えば女性として完全に成熟する時期と言われています。

つまり卵巣の成熟期の20歳代全般に、卵巣の成長をしっかりと支える事で、女性ホルモンの分泌を増やす事でバストの成長となるわけです。

この卵巣の機能というものは、30歳代の後半になることで、機能が下がる傾向となります。
女性ホルモンが減る事で、疲れやすさなどや体型の変化などみられることがあります。
卵巣の機能低下から、バストのコンプレックスを感じる場合もあります。

バストのコンプレックスを避けるにも、下半身を鍛えて胸の高さより低い状態とするお腹周りも必要と思います。
セルノートはおすすめです