私のコンプレックスは、胸が小さいことでした。
成長期に膨らみかけた胸が、すぐに発育が止まってしまいました。
周りの友達の胸がどんどん大きくなっていくのに自分は全然大きくならなくて学生の頃はずいぶん悩みました。
「個人差があるからそのうち大きくなるかも」と期待していましたが、とうとう成人を迎えたのでもうあきらめていました。

でも結婚を意識する彼氏ができ、毎日ウキウキして過ごしているうちにすっかりあきらめていた胸に少し変化が出てきたのです。
初めは生理の前だから胸が張っているのだろうと思っていたのですが、生理が終わった後でも胸の張りは収まりませんでした。

実は乳首も陥没していて、こちらもコンプレックスでした。
恥ずかしくて友達と温泉旅行に行くのも断ったこともあるほどです。
その陥没していた乳頭も、出てくるようになってきたのです。
まるで思春期のようにどんどん胸が成長してきて自分でもびっくりしました。

バストアップのためにしたことは特別ありませんでした。
彼氏ができてときめいたことで女性ホルモンが活性化されたのでしょうか。

幸せな時期で、何でもおいしく感じられてつい食べ過ぎてしまい体重が少し増えたことでバストにも脂肪がついたのかもしれません。
成長期を過ぎてバストアップをあきらめかけていても、希望があるので誰しも悲観しないことが大事だと思います。
プエラリアミリフィカの詳細について